番外編-Cassisふたたび


Bonjour皆さん!
前号を今回渡仏の最終号とするつもりでしたが、急きょ番外編を追加することにしました。

明日フランスを出発しますが、今回もマルセイユ空港近くのホテルに前泊です。
このスケジュールのときは、いつも移動中に地中海の町Cassisに立ち寄りランチを食べ、最後のフランスを味わっています。
Cassisの町を駆け足でご紹介します!

「地中海性気候」という言葉をお聞きになったことがあるかと思いますが、数日前に霜の降りた内陸部と異なり、本日Cassisの町は日中の気温が16度を超え、上着2枚分くらいの気温の違いがありました。
海岸にほど近いいつものパーキングに車を停め、町に出る前にまずは海岸に降りていきました。



水も透明で綺麗です!



数分歩くと町の中心地の小さな港に着きます。



何はともあれまずはランチ、今日は客引きの女性が声をかけてきた一番奥の店を試してみることにしました。



食事のお伴はもちろん地元Cassisのワインです♪



オードブルはCoquillagesの盛り合わせ。



その次は自分がMoules et Frittes(ムール貝とフレンチフライ)、奥様はAioli(アイオリ、こちらではアイオリソースを付けて食べる魚の料理をAioliと呼びます)





手の届きそうなところにカモメが一羽とまっています。



お店のマドモワゼルがカモメに餌をあげていました。



このお姉さま、腕にしっかりタトゥーを入れています。
この町のレストラン・カフェはお姉さまがみなタトゥー入り、男性はみな驚くようなマッチョです。
これがこちらの海の男、海の女ということなのでしょうか。

席から入江を挟んだ向こう岸の上にはシャトーが見えます。



その後シャトーまで上がってみましたが、現在はホテルとして使われていました
エントランス前の看板を見ると一泊が400ユーロ〜900ユーロくらいでしたので、少なくとも当家には縁がなさそうです。。。

食後は酔い覚ましもかねて、町の中をぶらぶら歩いてみました。
パリなども含めどこでもそうなのですが、観光スポット以外の地元の方の息吹が感じられる場所に入っていくのがとても楽しいです。
地中海沿いの町は内陸部と建物の色、雰囲気が少し異なります。
カラフルで明るい色の建物が多いですね。













植生も南国な雰囲気!









Cassisといえば白やロゼワイン、ブドウ畑やドメーヌもあちこちに見えます。





そして奇岩ともいえる個性的な崖の風景がなんともいえない雰囲気を醸し出しています。







それでは今度こそ本当にAu revoirみなさん!