Parisに到着しました


Bonjour皆さん!
昨夕、無事Parisに到着いたしました。
今回は(国際線としては)久しぶりのAirFrance、機内食の食前酒にシャンパンを選ぶことができるので、ワイン・シャンパン好きとしてはとても嬉しい旅立ちです。



シャルルドゴール空港からParis市内へは郊外電車のRERで移動、バスやタクシーと違い、いきなりディープなパリの雰囲気に突入です!

今回Parisは3泊のみですので通常でしたらホテルに泊まるところですが、やはりホテルは味気ないねということになり、それなりの期間滞在するときのようにショートステイ用アパルトマンを借りることにしました。
場所は北マレ地区の賑やかな繁華街近く、オフィスでキーを受取りアパルトマンへ、まず素敵なアイアンゲートから中庭に入ります。



部屋は1Fにあり、この中庭から直接ドアを開けて入ります。
Parisですのでもちろん古い古い建物ですが、中はリノベされて今時のParisな雰囲気です。



バスルームもポップでお洒落、何かとワビサビ流行りの今の日本ではイマイチに感じられるかもしれませんが、こんな雰囲気大好きです。



天井も高くて素敵です!



ただしそこは何事もアバウトなフランス、いろいろとそれなりな箇所が見つかります。
日本だったらキチっと平らに並べないと気が済まない人が多いでしょうね〜



その他塗料が染み出た跡や、壁が少し崩れている場所など日本だったらクレームがついたりしそうな箇所がいくつかありましたが、さほど目に付くわけでもなく、この部屋で過ごすのに何の支障もありませんのでもちろんまったく気になりません。
いろいろとユルいフランス、最初は気になる人が多いようですが、他に対して完璧を求めないフランスは、逆に他からも完璧を求められません。
ちょっと失敗しても、c'est pas grave(大したことじゃないよ、気にしないで)のお国柄、日本のような生活のストレスは少ないように感じます。

と、フランス談義はこの辺で、初日の朝は近所のブランジェで買った焼きたてのパンをたくさんいただきました♪



フランス、特にParisのパンはとてつもなく美味しいです!
今朝はバゲット半分、大きなクロワッサンとパンオショコラ、ヨーグルトにコーヒー3杯、朝から大満足の満腹です。
アパルトマン暮らしは気が向けば料理もできますし、短期でもそれなりにパリジャン・パリジェンヌ気分を味わうことができますので、ぜひ一度お試しください。