プロヴァンス No.1


Bonjour皆さん!

買付けも残り数日となり、貴重な日々ではありますがいつものように1日だけお休みをいただき、駆け足で何か所か回ってきました。

初めて訪れるローヌワインの銘醸地Chateauneuf du Pape、その後リュベロンに移動し、何度も訪れているLourmarinのマルシェとと小さく可愛らしい村Ansouisを再訪しました。

今回はchateauneufについて、次回最終号で残りの村について書く予定です。
ワインのお好きな方であれば一度は耳にしたことがあるChateauneuf du Pape、由来や細かな説明は省きますが、とにかく多様で美味しいワインの産地です。シャトーは現在外壁の一部を残すだけとなっています。



とりあえずシャトーの脇まで。360度見渡す限りブドウ畑!ゆったりと流れるローヌ川も見えます。



街の中にはワインの試飲ができるお店がたくさん!まったく下調べせずに来ましたので、どこに行くか迷ってしまうほどです。





想像していたより小さめの街でしたが、プロヴァンスらしい素敵なコーナーもあちこちに。





ぐるっと街を回り、最後におばあちゃんのお店で軽く試飲、また奥様がこっそり写真を撮ってくれていました。
フランス&スペインのハーフのおばあちゃん、今日のディナーで飲みたいと伝えたら、「こっちはあれより安いけれど、今日飲むならこっち!」と商売っ気抜きで飲み頃の美味しい一本を選んでくれました。

後ろの棚に日本酒が置いてあるのに気づかれたでしょうか?日本人のお客さんも多く、お土産で持ってきてくれたそうです。
「日本人以外に、中国人やロシア人、最近はチェコの人たちもお金持ちになってきたみたいでよく来るのよ〜」といろいろ観光客事情を教えてくれました。 楽しい話は尽きませんが、次に移動しないと!





それではプロヴァンスの写真満載の次回最終号をお楽しみに!