番外編〜PARIS


Bonjour du Japon !

買付けのラスト1日半、プロヴァンスを離れパリに行ってきました。



パリのお店のディスプレイは多くがアンティーク・ヴィンテージを使用していて、とても個性的で素敵です!



今回のパリ訪問の大きな目的の一つは、ルーブル美術館の近くにあるMusée des Arts décoratifs
美術館で1700年代〜のアンティーク展示を見ること。オ・ボール・ドゥ・ローでは本物のアンティーク
とフランスのエスプリをお届けすることを第一命題としています。
アンティークフェアーや蚤の市で普段たくさんのアンティークを目にしていますが、1級の美術館・博
物館でお墨付きのついたものを間近に見て、時代感、質感などを再確認するのは当店にとってとても
大事なことなのです。





手前味噌になり恐縮ですが、今回も展示を見て自分達のセレクションに自信を持つことができました。

今回はあのナポレオン1世の玉座も展示されていました。



パリ訪問のもう一つの大きな目的、叔母のアパルトマンの訪問です。85歳の叔母はまだまだ元気
です!



コンソール上のミラーに飾られていた写真、左から祖父のYves、若かりし頃の母親Armelle、そして
昨年なくなった叔母のFrancoiseです。



ほんのひと時でしたが、子供の頃から仲の良かった叔母と楽しい時間を持つことができて大満足。
今回は時間がなく会えなかった従兄弟たちにも次回はぜひ再会したいです。

それでは最後にパリの写真を何枚か。







また近いうちにパリに来る事ができますように、À bientôt, j'espère !