2018年春のコンテナ到着

2018年春のコンテナが到着しました


Bonjour皆さん!
フレンチアンティーク オ・ボール・ドゥ・ローのオーナー、ラファエルです。
昨年末にフランスで買い付けたお宝のコンテナがようやく軽井沢に到着いたしました!

東京港には2週間前に到着していたのですが、慢性的なドライバー不足の上に2月は中国から到着したコンテナが大量にあふれており、ドレージ(コンテナの陸上輸送)の予約が長期取れず半月遅れの店舗到着となりました。
通常は予約時間よりかなり早めに到着するコンテナ到着に備え1時間前から待機、今回はなかなか現れずやきもきしていましたが、なんとか時間前に到着です!



昨年末は素敵なアンティークを見つけるべくフランス各地を1か月近く周り、北海道最北端から九州最南端までをはるかに超える距離を車で走りました。
また、今回は輸送や輸入に関するかなりスリリング?なトラブルもたくさんありましたので、コンテナ到着はいつも以上に感慨深いです。

コンテナが到着したらまずはシールのカットです。
カットは荷受人の仕事で、(建前上は)ドライバーさんはシールカットをやってはいけないことになっています。
ですのでカッターはもちろんこちら側で準備。鍵の役割のあるシールはとても硬いのですが、きちんと道具さえ準備していれば男性の方はまず問題なくカットできます。



今回のハコはシンプルでスタイリッシュでかなりカッコいい!



コンテナの無料待機時間は2時間ですので、援軍の方々と一緒に早速荷下ろしスタート。
荷物量がほぼコンテナを埋め尽くすくらいでしたので、外すのに手間のかかる押さえの木枠もなく、一番手前の上部からスムーズに作業を開始できました。





大き目の一部商品は店舗とは別な場所にある撮影・保管・メンテナンス場所にトラックで何往復かして運びました。
久しぶりの高い運転席で気持ち良かったです。



幾重にも梱包されている窓類はそのまま保管すると場所を取るため当日開梱予定。
まずは床に平置きしておきましょう。



今のところ移転先の新店舗は見つからず、お店の中も新しい商品でかなりいっぱいいっぱいになってきました。。。



下の写真はトラックで運んだ先。
巨大な木枠につるされていた大きなクリスタルシャンデリアは通常のドアはもちろん、大きなガラス掃き出し窓からも入らず、急遽丸ノコで木枠をカットし運び入れました。後ろの方につるしてありますが、ほぼ見えないですね、すみません。

段ボールの柄にフラミンゴの柄のものがあるのが発送地の南仏ならではです。(地中海をはさんですぐ近くにアフリカ大陸のある南仏、海沿いの地ではよく美しいフラミンゴを見かけます)
カッシーナの箱もありますが、もちろん中身は違います。



さて、これからじっくり開梱&チェック&清掃&必要なものは修理・メンテナンスをし、少しづつオンラインショップで皆様にご紹介していきます。
少しお時間をいただきますが、今しばらくお待ちくださいませ!

Raphaël



ページトップへ