フレンチアンティーク買付け完了、帰国します


Bonjour皆さん!
おかげさまでコンテナはフレンチアンティークでいっぱいになりました。
(フランス時間で)明日マルセイユ空港を出発し、CDG空港経由で日本に戻ります。

準備した軍資金の残りがわずかとなった昨日日曜日、手荷物で持ち帰ることのできる小物探しに最後の蚤の市ハンティングに行ってきました。
青空が続いていた昨日までとうってかわって朝から小雨、いつもは100程度はいる売り手も今日はわずか20程度。



目当てのものは何も見つからず、早々に次の町の市に移動しましたが、そちらもゼロな結果に。

そういえばこの町にあるお馴染みのアンティーク布屋さんにブロカント小物もあったねということで顔を出してみました。
次の写真はこの店にディスプレイされていた200年以上前のブティ・ドゥ・マリエ(花嫁さんに贈るブティで作った服)です。



スカートの下3分の1くらいがブティ、その上がピケ、上半身は機械作りです。
長くなりますので詳細は省きますが、本来の製法で作られた本物のブティはまず見つけることができません。店を構えて30年のこのお店のオーナーさんですら、本物のブティは探してももう見つけることができなくなったとおっしゃっていました。

さて、おかげ様でこのお店で小物を少し買い足すことができ、買付け用のお財布も無事に空になりました。
町のマルシェで鳥の丸焼きを買って、コンドミニアムのラストランチは豪勢に!



豪勢にといっても鳥の丸焼き+ポテト二人分つけて10ユーロきっかりでしたので、ささやかなランチですね。
フランスはなぜか外食費は日本よりかなり高く感じますが、スーパーなどで買う食料品やこうやって持ち帰る食品は割安です。

今回の買付けで仕入れた品々は色とりどりといいますか、面白く珍しいものも含め皆様に喜んでいただける多種多様なラインナップとなりました。
フレンチカンカンなどでも使われる1900年代初めのヴィンテージbottines(ブーツの一種)。



マイセンのブラケットランプ。



こちらは1900年代初頭のヴィンテージテニスラケット、ショップディスプレイなど素敵に使えます。



これだけ素敵な街灯は見たことがありません、いったいどんなお屋敷に使われていたのでしょうか。。。



大物家具もいくつか。





そしてもちろんレースも仕入れてきました。



コンドミニアムからマルセイユ空港のホテルに移動する本日、最終移動日のお決まりで地中海の町に寄ってきました。
今回はかなり足を伸ばしてSaint-Tropezまで!
ぐずぐずした空模様でしたが、少しだけ青空ものぞいてくれて地中海気分を味わうことができました。







それなりに観光地化されていて規模も中途半端、これだったらいつも訪れるCassisの方がこじんまりとしていて楽しいかな。
お天気イマイチでしたので、マイナス感想は何割か割り引いていただければと思います。

今日の発見は移動中にその雰囲気に惹かれて途中下車した隣町Grimaud。
とりあえず本日は駆け足で写真のみ数枚ご紹介いたします。











時間がなく車で通過したのみのため写真は撮れませんでしたが、Sainte-Maximeという町もかなり雰囲気がよさそうでした。こちらは多くの方がイメージするコートダジュール的な雰囲気です。
地中海エリアはどうしてもニースやカンヌばかりが注目されがちですが、じっくり回っていればそれ以外にもたくさんの素晴らしい町がありそうです。

11月18日に日本を出発し、早くももう12月11日となりました。
長い間お付き合いいただきましたが、本投稿が今回買付けの最終号となります。
フランスを離れるのは寂しくもありますが、愛するワンコの待つ日本に向けて明日出発します。
それでは皆様、またいつかフランスでお会いしましょう!

Raphaël



ページトップへ