蚤の市とプロヴァンスの青い空


Bonjour皆さん!

Bordeauxから高速をとばして7時間、無事にプロヴァンスの拠点に到着しました。
暗くなってからの到着ですので第2の故郷南仏の青い空とのご対面はまだおあずけ、とりあえずスーパーで買い物を済ませてコンドミニアムの部屋にチェックイン。



ゆっくりする間もなく、翌日朝4時起床で蚤の市でフレンチアンティークハンティングです。
生憎の小雨でまだ青空とのご対面はできず。
それでも南仏の曇り空は北のそれに比べるとかなり明るいです。
北は雨が降らない曇りでもどんより暗い空ですが、南は雲が薄いのか雨が降っていても薄明るい場合が多いです。
また、いつまでも雨や曇りが続かないのも特徴、この曇天もすぐに美しい青空に変わるでしょう。



プロヴァンスの懐かしい家々を見て、ああやっと戻ってきたんだと嬉しくなりました。



腰を悪くしているため今回の買付けは契約先のトランスポーターに仕入れ商品のピックアップをしてもらっていますが、こういった小さな蚤の市はのピックアップ対象外ですので、軽いものを少量仕入れて車に積みます。



とりあえず本日仕入れ分を倉庫に持っていきます。
写真で見えている範囲の4倍はある広大な倉庫です!



ここで通関用に商品を一つ一つ撮影します。
それにしてもうっとりするような素晴らしいフォルムのトルソー、レアなタイプでそれなりのお値段で仕入れましたので利益無しで販売するかお店秘蔵品になるかもしれません。
「買って後悔」より「買わずに後悔」の方がインパクト大きいので、商売人になりきれない自分たちにはよくある話だったりします汗



拠点に戻る頃には雲もなくなり、陽は落ち始めていましたがようやく青い空に!



懐かしの池、紅葉も美しい。。。



翌日もまた蚤の市ハンティング、遅めの時間にスタートする蚤の市のため出発はそれなりに明るくなってからです。



今日はヴァントゥー山もよく見えます。



蚤の市会場に到着、ようやく本格的?なプロヴァンスの青い空とご対面です!





こちらでもブロカントな品々を仕入れ、車に積めないものはお友達ディーラーに後日倉庫に持ってきてもらうようお願いしました。



この日はその後さらに別な町の蚤の市に移動、規模が小さいのと時間が遅かったため残念ながらこの市では戦利品ゼロです。



以前何度かご紹介しているアンティークショップも多い町なのですが、アンティークショップは価格的に手が届きません。
それでも観光地にもなっている美しい町ですので、少し町を散策したりお茶をしたりするには最高の場所です。
今日も青い空に映えて美しい!





それでは皆様、またお会いしましょう!



ページトップへ